テナーのTさん

ダイアファナスに入って2年以上経ちました。仕事の事を考えてブルーになってしまう日曜日の夜を乗り越える良い清涼剤になっているような気がします。

私が合唱を始めたのは大学に入って女性が沢山いるサークルを選んだらたまたま合唱団だった事です。
動機はあっぱれなほど不純でしたが、
それ以来、歌うこと。調和すること。伝えること。常に真摯に試行錯誤を繰り返して来たと思います。

社会人になって、合唱を続けられなくなった期間も長く、ブランクと劣化に苦しみながらも、幾つかの合唱団に所属したり、少人数でのアンサンブルや、中世の宗教曲を歌いあさっている中でこのダイアファナスに出会いました。

品川区音楽発表会40代後半の方々を中心に幅広い年齢層のメンバーがいて、みんな普段はそんなに社交的なわけでもなく、でも歌い出すと一体感があって、指揮者の一言でガラリと変わったりして魅力的な団体だなと思ったこと。
日本語の表現にこだわった指導が新鮮で、自分に欠けていたもの見い出すことが出来たこと。
あとテノールの響きが素敵(笑)なこともあって長く在籍することとなってます。

これから合唱を始めてみよう思われる方、ダイアファナスにはお手本となれるメンバーが揃ってます。
今やっている合唱に物足りなさがある方、渕上先生が新しい世界に連れて行ってくれます。
合唱に強い信念と情熱と自信がある方、どうか私達を導いてください♪

なんか書くように言われてパラパラと書いてしまいましたが、とりあえず1度練習の見学に来てみてください。
文章では伝えきれなかった魅力が伝わると思います。ああ、あとピアノも素敵です!